ライオンズクラブは、1917年にアメリカ、イリノイ州シカゴ市で誕生。メルビン・ジョーンズ氏により創始されました。現在では、世界197の国、または領域にわたり広く組織されている国際クラブで、131万人余の会員を擁する世界最大の奉仕団体となりました。

わが国では、1952年東京において最初のクラブが結成され、その後年々発展を続け、現在3415クラブ、12万3千人余の会員が所属し、「We Serve (我々は奉仕する)」をモットーとして活動に参加しております。

広島鯉城ライオンズクラブは、広島ライオンズクラブの推薦により、1958年10月26日に新ライオンズクラブとして認証されました。これは、日本地区で78番目、広島県で5番目であり、2007年に結成50周年を迎えました。当クラブは、伝統とともに姿勢・態度・行動において品性、品格を重視しています。

トピックス

  • 50周年記念大会を開催
    2007年10月27日(土曜日)
    広島鯉城ライオンズクラブ結成50周年記念大会を開催! 当クラブ名誉会員秋葉広島市長の挨拶   当クラブの結成50周年記念大会を、10月20日(土)15時30分 からリーガロイヤルホテル広島において実施しました。当日は、藤田雄山広島県知事、当クラブ名誉会員である秋葉忠利広島市長
  • 認証50周年記念事業第3弾
    2007年8月5日(日曜日)
    広島鯉城ライオンズクラブは「明日の神話」の広島誘致を応援しています。 →動画はコチラ   当クラブがライオンズ国際協会から認証状の伝達を受けて、2007年10月26日に50周年を迎えます。これを記念して、 「世界の子供たちに平和と安心を!」を統一テーマ
  • 「明日の神話」誘致
    2007年8月4日(土曜日)
    「被爆体験から明日の平和に貢献」をテーマに、岡本太郎の「明日の神話」を広島に常設展示し悲劇に屈しない人間の誇りを啓蒙する。     広島鯉城ライオンズクラブは「明日の神話」の広島誘致を応援しています。   2003年秋、長らく行方がわからなくなっていた岡本太郎作の巨大
  • 子供見守り活動支援
    2007年5月22日(火曜日)
    「広島の子供たちに平和と安心を」をテーマに市民のニーズの高い子供の安全確保対策を支援します。   広島市は、いま日本の他都市同様、市民の安全確保が大きな課題となっています。 広島は、世界の平和都市広島を標榜していますが、廿日市の女子高生殺害事件のように凶悪犯罪が増える傾向にあります。  
  • 認証50周年記念事業第1弾
    2007年2月16日(金曜日)
     サダコストーリーの映像をバックにディスカッションがスタート 当クラブがライオンズ国際協会から認証状の伝達を受けて、2007年10月で50周年を迎えます。これを記念して、 「世界の子供たちに平和と安心を!」を統一テーマとし、三つの事業を行います。 ひとつは、広島国際平和フォーラム
トピックス記事一覧へ